新宿区立佐伯公園

SAEKI-PARK SHINJUKU TOKYO
(24.APR.2001)
←祐三が手がけた増築部分→

return


東京都新宿区中落合2-4-22



新宿から西武新宿線「下落合」駅で下車。
少し上り勾配の道を北へ7,8分も歩いたろうか、目白通りのすぐ手前の小路を左に入った所に目指す「佐伯公園」があった。

民家に囲まれた200坪足らずの公園で奥に白い洋風のアトリエが建っていた。
何度も写真を見ているので何か懐かしい気分である。(1920年建築)
祐三自らの手になる増築部分や、当時から目印になっていたという二本の銀杏の木(写真右端)も健在であった。
ベンチに腰をかけ目を閉じる.....雑木林に囲まれた白いアトリエの板戸が開き、新婚の祐三と米子夫人が現れる...。やがて愛娘彌智子の産声が加わることになるのだが。
佐伯祐三ファンなら必見のスポットである。